デイトレード・スイングトレード

ポジショントレード

取引スタイルをいくつご存知でしょうか? FX、またはバイナリーオプション 初心者の方は特に知っておいた方がいいでしょう。取引スタイルには、スキャルピング・デイトレーディング・スイングトレーディング・ポジショントレード(またはスワップトレード)があります。デイトレードは一日単位の売買。スイングトレードは数日単位。

hurer1 それ以上の期間だとポジショントレード(またはスワップトレード)となります。この取引スタイルによって、FX取引業者の選択方法が違ってきますのでそのお話をします。まず、基本的にはデイトレードとスキャルピングトレードは同様の選択方法をとることが出来ます。続いて、ポジショントレード(またはスワップトレード)とスキャルピングの両方に適したFX業者を選ぶと良いのが、スイングトレードと言えます。

 ポジショントレード(スワップトレード)はと言えば、これを主に行う場合には、スワップポイント(スワップ金利)の大きい業者が適しているでしょう。なぜなら、利益に直結してしまう要因だからです。

逆にポジショントレード(またはスワップトレード)で、気にしなくてもいいポイントもあります。それは、FX取引業者のコンピュータシステムの安定性や約定力(スリップページ)です。一方でスキャルピングは、これを無視することは出来ませんので注意が必要です。

このスワップ金利差を利用したFX取引は、銀行で行う外貨預金のように似た活用が出来ると言えますが、メリットがなくなる場合あることを理解しておかなければなりません。それは、2国間の金利差がいつまでも同じ状態で続かないかもしれない、為替レートが金利差を上回る動きをする可能性がある、ということを理解しておきましょう。

他にも、ントレード(またはスワップトレード)には、必要なことがあります。それが「ファンダメンタル分析」です。一方で「テクニカル分析」は、短期の為替レートの変動に対しては大変有効です。

テクニカル分析とファンダメンタル分析

テクニカル分析とは、為替レートの動きをチャートにして、過去の為替レートの動きから将来の為替レートの動きを予測できローソク足のチャートを使うことで為替レートの将来の為替レートの動きを予測する分析方法です。為替レートを素早く解読する方法は随時更新がされて最新情報をゲットできるポータル

一方で、ファンダメンタル分析というのがあります。このファンダメンタルとは、各国政府が発表するGDPや完全失業率、消費者物価指数、鉱工業生産指数、在庫指数、景気動向指数、経済成長率、貿易収支、物価指数のような様々な政治・社会・経済活動の状態を示す基礎的・代表的な指標・条件、あるいは実態のことを指します。これには、国の通貨・金利政策、ミクロ的な指標として企業が出す決算書類なども含まれます。ファンダメンタル分析では、これらを分析して長期的な為替レートの動向を予測していきます。

例えば、このファンダメンタル分析によって、その国の為替レートが将来的に高くなると予測されるのはどういう状況が想定されるでしょうか?その国の政治が安定し、経済成長率が高くなると予測される指標が良い値を示した場合、というのが一般的です。

しかしながら、人がその事実を知るころには、既に為替レートが動いてしまっている為、既に遅し、ということがよく起こります。つまり、長期の予測にはファンダメンタル分析が、短期の予測にはテクニカル分析がそれぞれ有効な分析法と言えるでしょう。