FXでの通貨を考える

FXは少ない資金で始められることから、投資取引の初心者にも高い人気を集めている金融商品になります。

FXでは通貨を売買したり、通貨の金利を利用したりして資産を運用していくのですが、通貨単体では売買が行えないため、必ず2つの異なる通貨をを1組のペアとして銘柄にしており、これを通貨ペアと呼んでいます。

この通貨ペアを互いに売買し、外国為替市場の為替相場のレート変動を利用し為替差益を得たり、金利の低い通貨で金利の高い通貨を買って保持して、その金利差を日ごとに受け取ったりすることで、利益を積み上げていくのです。

これらの通貨には、その国や地域の経済事情などを背景にして、個性ともいうべき様々な特徴を持っています。
例えば、日本の通貨である円には、世界で稀に見る低金利であり、取引量も流通量も比較的多くて、為替レートの変動が安定している、というがあります。

こうしたことから、円のFXでの友好的な活用法を考えると、為替差益での利益は弱いかもしれませんが、安定性と低金利であることを利用し、金利の高い他の通貨を買って保持し続けるには向いている、ということになるのです。

FXの取引業者によって、どの通貨を銘柄にしているのかは様々に違いますので、業者を選ぶ際には、こうした面も考慮しておくと、より効果的に利益をあげることができるでしょう。

また、投資初心者に比較的向いているだろうという組み合わせとしては、日本の円を中心として、アメリカの米ドル、オーストラリア連邦のオーストラリアドルの組み合わせがお勧めです。

アメリカの米ドルは、世界で一番の流通量と取引量を誇っており、決して価値の落ちない基軸通貨として、世界中の貿易や海外取引の現場で利用されています。
このために、通貨が非常に安定して信頼度も高いので、値動きはゆっくりとしたものになりますが、初心者がFXでの取引を知っていくためには、非常に効果的な組み合わせと言えます。

またオーストラリア連邦は資源産出国として有名であり、こうした国の特徴の一つとして、非常に高い金利を有しているのです。
また、オーストラリアドルは他の資源産出国の通貨と違い、比較的に安定している通貨ですので、円でオーストラリアドルを買って長期的に保持していれば、それだけでその金利差を受け取ることができるのです。

もし、これからFXを始めてみようと考えているのであれば、これらの通貨を銘柄としているFX業者に狙いを絞ってみるのもいいかもしれません。